2018年 9月 23日 (日)

「JASRAC」笑いのめすビデオ YouTubeで人気

印刷

   ビートルズの生演奏には刑事告訴で立ち向かい、ボサノバの無断ライブにはピアノの撤去を求めて提訴する――音楽の無断利用に対して断固たる態度を取ることで有名なJASRACこと日本音楽著作権協会。そんなJASRACの「すごさ」をパロディ化したアニメーションビデオがユーチューブ(YouTube)に投稿され、人気を呼んでいる。

「JASRAC」をパロディ化したビデオにアクセスが殺到
「JASRAC」をパロディ化したビデオにアクセスが殺到

   「wtf!! The legend of JASRAC【すごいぜ!JASRAC伝説】」と題されたこのビデオ。JASRACがらみの数々の「事件」をイラストや写真つきのアニメーションで紹介しながら、JASRACがいかに「すごい」団体なのかを強烈に皮肉っている。

   たとえば、こんな感じだ。

「スナック経営のおじいちゃんはビートルズの曲を店で演奏していました → 逮捕」
「幼稚園のクリスマス演奏会で → JASRACからの請求が!」
「作曲者不明の阪神タイガース応援歌が → 勝手にJASRAC管理楽曲にされていた!」

「JASRACは著作権保護団体ではありません」と批判

   また、ロックバンド・筋肉少女帯大槻ケンヂさんが作詞したバンドの曲の歌詞を自分のエッセイに引用したら、JASRACに使用料を請求されたという“事件”や、作詞家・小室みつ子さんの「お金を取ってるわけじゃない一般から徴収するのは、音楽を楽しむな、広めるなっていうようなもの。著作者がいいって言ってるんだから、ええやんか・・・」という “意見”も紹介している。

   このような数々の「JASRAC伝説」を軽快な音楽にのせて紹介しつつ、「著作者と利用者の間でトラブルが生じてもJASRACは助けてくれません」「JASRACは著作権保護団体ではありません。JASRACあくまでも『料金徴収団体』でしかないのです」とJASRACの姿勢を痛烈に批判している。

   このビデオはYouTubeで大きな反響を呼び、2月6日の投稿から15日までに約22万の閲覧件数を記録している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中