2019年 10月 23日 (水)

「ヨド物置」で内部閉じ込め事故が7件

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

淀川製鋼所は2007年2月28日、自社製品の物置の内部に人が閉じ込められる事故が04年8月から06年8月の間に7件発生していたと発表した。問題の物置は02年7月から05年3月まで発売していた「ヨド物置エルモ(LMA)」と、04年4月から05年3月まで発売していた「ヨド蔵MD(DZA)」。これらの物置は扉を閉めると自動的にロックがかかる。倉庫内部からロック解除ができるが、このしくみを知らない子供や老人などが閉じ込められたという。ケガ人などは出ていないが、今後は問題となった物置と同じロック機能付きの物置の製造・販売を中止し、利用者に対して注意喚起を促すとともに、無償でロック機能を取り外すとしている。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中