mixiは出会い系になったのか? レイプ未遂で曝された現実

印刷

   「mixi」(ミクシィ)で知り合った女性を自宅マンションに連れ込み、暴行しようとした慶応義塾大学の男子学生が2007年3月1日に逮捕された。ミクシィは「オフ」も盛んだが、本来は情報交換の場だったはず。しかし、ミクシィのコミュにも「セフレ募集のメールが来た」「『いきなりリア友OKな女子』なんてページもある」といった苦情カキコミも多く、ミクシィも危険な「出会い系サイト」化の兆しが見える。

   神奈川県警と報道によると、この事件は、慶応大学法学部の男性容疑者が、被害者の女子大生とミクシィで知り合い、メールを交換するうちに意気投合。07年1月7日に食事に行くことになった。そして同日午後7時30分頃に容疑者が自宅マンションに連れ込み、暴行しようとした。暴行は未遂に終わったが、女子大生は容疑者を告訴、神奈川県警は07年3月1日午後6時20分に逮捕した。

リアルな出会いを求めるコミュが続々

本来は「出会い系」などではないはずなのだが…
本来は「出会い系」などではないはずなのだが…

   神奈川県警はJ-CASTニュースの取材に対し、

「サイトを通じて知り合い、犯罪に巻き込まれるケースが多い。インターネット(仮想世界)を現実と思い信用してしまうわけだが、相手の顔もわからないのに会ってしまう危険性に(利用者は)もっと注意を払うべきだ」

と話した。

   ミクシィの目的は本来、情報コミュニケーションの場であり「出会い系」などではない。しかし、06年あたりからリアルな出会いを求めるコミュが沢山できている。
   「2ちゃんねる」では今回のレイプ未遂のニュースのスレッドが立ち、

「いつかこういう事件がおきると思ってた」
「友達がmixiで知り合った女とやったとか自慢してるの聞いたことあるけど」
「mixiは出会い目的にしか使えないサイトになったな」
「一度ネカマで登録してみ。 写真適当にうpるだけで(別に普通の顔なら可愛くなくてもいい)男が群がってくるから」

というカキコミが並んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中