2019年 3月 21日 (木)

好景気と海外派遣で高卒自衛官採用大苦戦

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

    景気回復の影響で、自衛隊が採用活動に苦戦を強いられているという。広島では、採用試験を実施しても予定数に届かず、異例の4次募集まで行った。各地で人材の確保に工夫をこらすが、反発も強く、各地でトラブルも起こっている。

十分な人数が確保できず、異例の4次募集

広島地方協力本部のウェブサイトでは「第4次募集中」の文字が目立つ
広島地方協力本部のウェブサイトでは「第4次募集中」の文字が目立つ

   2007年2月25日の中国新聞では、「二等陸海空士(二士)」の採用活動が苦戦している様子を伝えている。この職種は主に高卒向けに募集され、2年から3年の任期を一区切りとした任期制。採用活動は、全国に設けられた拠点ごとに行われており、「広島地方協力本部」では、07年春に120人の採用を予定している。それに向けて、06年9月、12月、07年1月の3度にわたって採用試験を行った。この時点で150人に内定を出したが、民間企業に流れるなどの内定辞退の数を考慮すると、十分な人数が確保できないとみて、異例の4次募集に踏み切った。

   同新聞によると、応募数は2年前に比べて約36%も減少しているといい、その背景として「(海外派遣は)危険なので自衛隊に行かせたくない」という声が保護者から上がっていることを紹介している。同本部では、来年以降は試験日程を前倒しするなどの対策を講じるという。

   全国各地の自衛隊の拠点でも、高校生の採用活動を熱心に行っているが、それにともなって、トラブルも起きている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中