1本5,000円?6,300円? 疑惑の松岡大臣が飲んだ「ナントカ還元水」

印刷

   松岡利勝農林水産大臣の「ナントカ還元水」発言をめぐって、与野党の攻防が続いている。新聞各紙も「その水が『あるとすれば』」と仮定し、色々と知恵を絞って記事を書いている。どうやら高価なものらしいが、その正体は。

   問題のきっかけは、松岡大臣が2007年3月5日、参院予算委員会で、議員会館の光熱水費507万円の使途について「水道はナントカ還元水とかをつけている。暖房なりなんなり、別途そういうものも含まれる」と答弁したものの、それ以降は「適切に処理されている」と繰り返すばかりで、詳細な説明を拒んだことに始まる。議員会館の光熱水費はタダで、松岡大臣が他に事務所を構えていないことから、「巨額すぎておかしい」と騒ぎになった。

「こんな水を買うなんて、常軌を逸している」

各紙は「ナントカ還元水」の正体を探っている
各紙は「ナントカ還元水」の正体を探っている

   日刊ゲンダイ朝日新聞が、松岡氏の事務所を直撃取材、「ナントカ還元水」の装置、つまり「浄水器」が存在が確認できなかったことを報じた。9日には民主党議員も「アポ無し訪問」。だとすると、「ミネラルウオーター」しかない、というわけで、周辺からは「実は1本5,000円の水を飲んでいた」という声も飛び出すが、やはり「ナントカ還元水」の正体は明らかにならなかった。

   こんな状況に対して、新聞各紙は、「還元水」が何者かをさぐる記事を相次いで掲載している。「日刊ゲンダイ」は、3月12日、松岡事務所が「ナノクラスターGeルルド水1200」なるものを買っていたらしい、と報じている。鹿児島産の有機ゲルマニウムを大量に含む水なのだといい、そのお値段は500ミリリットルで6,300円。これを1日2本飲めば、年に500万円ということで計算は合うが、この水を飲むべき量は「1日3回約300ccを飲めば健康にいいらしい」という程度だというから、やはり計算は合わない。それ以前に、同紙は、

「こんな水を買うなんて、常軌を逸している」

と批判している。

   同日の夕刊フジはもっと踏み込んで、この水を製造している会社の社長に取材、

「松岡大臣が(1日2本なんて)そんなに飲むなんてあり得ない。代理店を含めて、顧客リストに大臣の名前はありません」

というコメントを引き出している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中