わいせつ中傷飛び交う 中高生利用携帯サイト 

印刷

   中高生が利用している「携帯サイト」は危険がいっぱいだ。事件が頻発しているほか、特定の個人名までが携帯サイトでさらされて、いじめの温床にまでなっている。いまや、中高生の多くが携帯電話を持つ時代。しかし、大人の目を離れた場所で中高生の「子ども」の暴走が始まっている。

「私ゎ中2で14歳です・カッコィ‐人なら、せふれトカぷり・撮るだけの仲でもL|L|です」
「会ってエッチしよっ・・兵庫県の人か・大阪の人」
「6組まじ終わってるよね」
「●●(実名)オタクっぽい」
「あいつは1年にまで手出したよな」
「いつからあがん(あんな)たらしになったとや」

身近な友人・知人が「実名」で語られる「学校裏サイト」

中高生が目にする携帯サイトでは中高生のわいせつ画像が公然と並ぶ
中高生が目にする携帯サイトでは中高生のわいせつ画像が公然と並ぶ

   携帯サイトでは、中学生や高校生が、大人でも驚く、下品できたない言葉を発している。なかには、女子中高生の上半身裸の写真やスカートの中の下着を露にした写真が大量に貼られるサイトも存在する。
   「プロフ」とよばれる、携帯電話のプロフィール作成サイトでは、若年世代を中心に写真付きの詳細なプロフィールを作成し、コメントなどが寄せられる。その多くが、「趣味」や「スポーツ」の欄にわいせつな言葉をちらつかせているが、そのなかには中高生も多く含まれている。

   さらに、「学校裏サイト」と呼ばれるサイトでは学校別に掲示板が立てられ、なかには学年別にスレッドが立てられるものもある。そのなかで飛び交っているのは、クラスメイトや先輩・後輩の評判で、もちろん誹謗中傷まがいの言葉も飛ぶ。しかも、多くのインターネット掲示板などと異なり、平気で身近な友人・知人が「実名」で語られる。
   深刻なのは「学校裏サイト」などを通して「いじめ」が発生しやすい状況になっていることだ。

「(こうしたサイトによって)一晩で『いじめグループ』が形成される可能性がある。現実の人間関係のあいだでおこるいじめと異なり、家に帰ったあとにいつの間にか『被害者』になり、朝になってそのことに気づくというケースが起きやすい。非常に速いスピードでいじめが発生する」

   金城学院大学の長谷川元洋助教授はこう指摘する。同助教授によれば、教員や親がネットを監視するようになっても、ページにパスワードを付けるなどして把握させないようにする「巧妙な」子供たちも増えているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中