2018年 11月 22日 (木)

TBSの街頭インタビュー いつも同一人物出演の怪

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   TBS系のバラエティ番組「サンデージャポン」で放送された街頭インタビューの映像がネット上で話題になっている。街頭インタビューのはずなのに、同じ人物と思われる人が同じ番組で何度も出演しているようなのだ。「やらせではないか」と指摘する声が出ているが、番組制作側とすれば「演出」ということなのかもしれない。それとも「まったく偶然に」同じ人に街頭で出会ったなんて??

   問題となっているのは2007年4月1日に放送された「サンジャポ」。未成年にもかかわらず喫煙行為をして所属事務所から解雇された加護亜依さんについてのVTRが放送された。このコーナーのなかで、TBS側の「街頭インタビュー」に答えた人が、どうやら「常連」のようなのだ。

出演者も「演出」を知っていた?

「街頭インタビュー映像」はYouTubeにアップされ波紋を呼んでいる
「街頭インタビュー映像」はYouTubeにアップされ波紋を呼んでいる

   4月1日の放送では、「加護亜依 喫煙で解雇!」と題し、「アイドルに詳しいこの人たちはどう思っているんでしょうか」とナレーションが入り、次のように「街頭インタビュー」(VTR)が始まる。

「なんでやっちゃったのかなって、ほんとに。1回目でほんとに、う~ん更生してほしかった!」

   冒頭でこのように答えた短髪・小太りの男性。実は、この人とそっくりの人が07年2月11日の同番組の「街頭インタビュー」でも登場している。

   こちらの放送では、「果たして柳沢大臣は辞任するべきなのか。我々は街行く人たちに聞いてみた」とナレーションが入る。リポーターの「柳沢大臣は辞任すべきだと思いますか?」との質問に対し、

「そうですよね~やっぱりね、やっぱり辞めてもらったほうがいいと思いますね、僕は う~ん辞めほしいですね。辞めるべきじゃないかな。ンハハハ」

   「生放送」のためか、「前インタビューした人と違う?同じだよね?」といぶかる出演者の声まで入っている。どうやら、さらに前の番組でも「出演」経験のある、いわば「常連」の「街行く人」のようなのだ。出演者もそれを知っていたらしい。バラエティだから少々の演出はOKとTBSは考えているのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中