2019年 2月 19日 (火)

「親日でなければ反日は、ひどい」 ユンソナ発言でまた批判

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   タレントのユンソナさんが「反日発言」したと日本で批判されていることについて、ユンソナさんは韓国メディアに対し「『親日ではなければ反日』という決めつけがひどい」と反論した。これが「逆効果」となって、ネットではバッシングが再燃している。

「ファンがいる限り、日本での活動は続ける」

ユンソナさんは「『親日ではなければ反日』という決めつけがある」と訴えたという
ユンソナさんは「『親日ではなければ反日』という決めつけがある」と訴えたという

   8年ぶりに韓国ドラマへの復帰が決まり、2007年3月20日にソウル市内で記者会見が行われた際に、「歪曲された日本歴史教育に悩み苦しんだ」「私達は教科書で日帝時代や (慰安婦だった) お婆さんたちの胸が痛む話を皆聞いて育ったが、私と同じ年齢の日本の友達はよく分からない人が多い」などと語ったと、東亜日報や複数の日本の週刊誌が報じたことからこの騒動は始まる。

   ネットの掲示板やブログには、ファンだったけど「ユンソナにはガッカリした」というものや、「日本で稼いでいき、自分の国に帰り日本の批判をする」のはけしからん、というものまであった。しかし、この時点では「ん、言わされちゃった!?」(週刊文春07年4月5日号)などのように、必ずしも「反日発言」ではないのかも、という見方もあった。

   韓国の3大紙の一つの「中央日報」は、07年4月13日の電子版で、「反日誤解発言でバッシングが続く韓流スターユンソナ(32)が遺憾を示した」という記事を書いた。それによると、日本の友人との個人的な文化的の違いに対するエピソードを話しただけで、国家的レベルで歴史的問題を指摘した発言ではないと説明。そしてユンソナさんが

「日本で活動する芸能人たちの間では特に『親日ではなければ反日』という決めつけがひどいような気がする。それが非常に残念だ」

   コメントした、とした。一連のバッシングによって日本での活動に支障が出るのではないか、という見方については、

「日本で私を応援してくれるファンがいる限り、日本での活動は続ける」

と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中