2021年 9月 23日 (木)

東国原知事VS記者団 激烈バトルの一部始終

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「聞かれてないことまで答えてますから」

   ただ、会見の終わりに、記者から

「今回多岐な質問が出たかと思いますので、一記者としましては、定例記者会見のご意義とその可能性をご理解いただだいた上で、定例記者会見、改めて前向きに臨んでいただければ、一記者としては大変嬉しく思います」

との声が上がり、幹事社からも同様の発言があったが、知事は

「私は今日、ものすごい丁寧に答えてますよ。聞かれてないことまで答えてますから。一応それはお汲みとりください」

と、最後まで不機嫌そうだった。
   一方で、宮城県知事を12年間経験した浅野史郎・慶應義塾大学教授は、J-CASTニュースに対して、東国原知事とは逆に「定例会見は好きだった」と話す。

「私は、定例会見は好きでしたよ。『義務』ではなくて、色々なことが話せるという『権利ベース』で考えていました。東国原さんの場合は月1~2回とのことですが、自分は週1回でした。この週1回というペースは、自分で考えをまとめるのにも役立つ。1週間より前のことは覚えてられないし。(笑) 記者の取材にも、自分はニコニコしてましたよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中