2019年 8月 20日 (火)

「名指しの中傷」ほったらかし 学校裏サイト管理人が書類送検

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   身近な友人や知人が実名で語られる「学校裏サイト」が問題化するなか、警察は掲示板に中傷の書き込みをした女子中学生を児童相談所に通告した。さらに、管理者は名誉棄損ほう助の疑いで書類送検された。「起訴前提」なのだという。一体、何が問題視されたのか。

   大阪府警南署は2007年4月27日、掲示板の管理人を会社役員の男(26)を書類送検した。ネット上の名誉棄損で書類送検されるのは異例だ。

「この程度では削除しなくてもいいと思った」

中傷書き込みがあった掲示板は「したらば掲示板」を利用していた(写真はイメージ)
中傷書き込みがあった掲示板は「したらば掲示板」を利用していた(写真はイメージ)

   調べによると、この男は大阪市内の私立中学校をテーマにした掲示板の管理者をしていた。06年8月下旬から、当時中学1年生だった女子中学生について「ブス」「うざい」などといった書き込みがあった。掲示板の形を取っているが、最近問題化している「学校裏サイト」の一種だ。これに気づいた学校や保護者が管理人に削除を求めたが応じてもらえず、母親が府警に相談した。その直後の10月19日、管理人は掲示板を削除したという。「削除を求めたが放置した」と言う点が問題視された。男は、「中傷に当たるとは思ったが、この程度では削除しなくてもいいと思った」などと話し、容疑を認めているという。

   また、中傷の書き込みをしたのは、小学生の時に被害者と同じ塾に通っていた、別の中学校に通う女子中学生(13)と判明。府警南署はこの中学生を名誉棄損の非行事実で児童相談所に通告した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中