2019年 4月 24日 (水)

「田舎もん」宮崎県民 石原都知事発言に不快感

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   「あまり田舎もんが東京のこと、えらそうに言わん方がいい」。石原慎太郎・東京都知事が2007年4月27日、定例記者会見の中でこう発言した。発端は、宮崎県の東国原英夫知事が自身のブログの中で4月9日に「東京の傲慢は復活した」などと書いたこと。宮崎県民の中には石原都知事の「田舎もの」発言に「県民の気持ちを逆なでするもの」と怒る人たちもいる。

   東国原・宮崎県知事が問題のブログを書いたのは、石原都知事が3選を果たした直後。石原都知事の当選について触れ、「一体、東京はどこに行くのだろう?」などと長めの「分析」を載せていた。石原都知事も4月23日の会見のときは「何をもって傲慢というのか」という程度の軽い反応だった。

「保守という傲慢を東京都民が選んだ」

話題となることが多い東国原宮崎県知事のブログ
話題となることが多い東国原宮崎県知事のブログ

   その後、東国原県知事はテレビ局などの取材に答え、「傲慢」とは石原都知事のことを指したことは一度もなく、「東京全体は変わらない方を選んだ。その保守という傲慢を東京都民が選んだ。保守はある意味傲慢です」などと話し、放送されるなどしている。「最初から最後まで(ブログを)読んでほしい」とも話している。

   石原都知事は4月27日、記者から東国原県知事のブログ問題を再度問われると、「目の前で言ってみろ。俺の前で」とムッとした表情を浮かべた。東国原県知事の「弁明」について質問されると「余計なこと言わない方がいい。恥かくのそっちだから」「都民が保守的でありたい?いいものを残すのが保守で悪いものを直すのが改革でしょ。両方やってるじゃないですか」と反論、「あまり田舎もんが東京のことえらそうに言わん方がいい」と話した。

   「(傲慢は都知事のことじゃなくてとか)そういう言い訳しなくてびしっと言えばいいんです」。こう東国原県知事を「援護射撃」したのは浅野史郎前宮城県知事。4月29日正午過ぎにテレビ朝日系列で放送された「サンデースクランブル」の中で、「私は石原さんが傲慢だと(都知事選に絡み)言っていた」とも話した。

   番組では、浅野氏が東国原県知事とインタビューをした様子も録画放送された。録画インタビューの中で、石原都知事発言について聞かれると、東国原県知事は「けんかするつもりないんで」とさらりとかわした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中