「プードルと偽って羊販売」 「珍報道」世界を駆け巡る

印刷

   日本人数千人が、プードルと偽って羊を売られていた――そんな「珍報道」が世界中を駆け巡った。発端は、女優の川上麻衣子さんがテレビ番組で「プードルとして届いたはずが羊と分かった」という「噂話」を披露したことに始まるようだが、本人もこの「珍騒動」にはビックリのようだ。一体、何でこんなばかげた話が誕生したのか。

女優・川上麻衣子さんがトーク番組で披露

「サン」では、ご丁寧にもトリミングした「羊」の写真を掲載
「サン」では、ご丁寧にもトリミングした「羊」の写真を掲載

   英国のタブロイド紙「サン(THE SUN)」は2007年4月26日、こんな「珍」情報を報じた。

「何千もの裕福な女性が、子羊を高価なミニチュア・プードルといわれて、業者にだまされた。(中略)このおかしな詐欺は、日本の映画女優・川上麻衣子さんがトーク番組で、彼女の新しいプードルが吠えたり、ドッグフードを食べなかったことを披露したことから明るみになった」

   同紙はさらに、何百もの女性が、札幌を拠点とした業者にプードルと偽って羊を売られたため、警察に届け出た、などと報じている。さらに被害者は2,000人にも上るらしい・・・。さらに同日の英国メディア・メトロ(METRO)も「何千もの人がプードルだと思ってトリミングされた子羊を買って『だまされた(fleeced)』」などと報じている。なんだか、ありそうもない「珍報道」だがこの報道は世界中を駆け巡った。

   騒動の発端は、川上麻衣子さんが4月中旬にフジテレビ系のバラエティ番組「ごきげんよう」で披露したトーク。「プードル」として届いたはずが、えさを食べないために医者に診せたところ、羊だったことが判明した、のだという。もちろんこれは川上さんが飼っているプードルの話ではない。 川上さんの所属事務所によれば、「(川上さんが)通っているネイルサロンで聞きつけた噂話を披露した」のだという。それが、突然オーストラリアのテレビ局に取材を受け、英国メディアが「川上さんのプードル」の話として報じていたことが明らかになったようなのだ。

   当の川上麻衣子さんは07年5月1日放送の「スーパーモーニング」のインタビュー取材に応じ、

「私がプードルを羊と間違えて飼ってるみたいなことになってたんで、もうびっくりして」
「実際に被害にあったとか、そういうのは私は1件も知らないし」

などと語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中