2019年 2月 18日 (月)

挑発質問に「経歴詐称疑惑」 江原氏踏んだり蹴ったり

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   「霊と交信をしてカウンセリングする」という、スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之氏を「ニューズウィーク日本版」が大きく特集している。9ページにわたって同氏と、「スピリチュアル・ワールド」について扱っており、同氏のインタビューも掲載している。挑発的な質問に江原氏はキレかかり、特集中では「経歴詐称疑惑」まで提起され、踏んだり蹴ったりという形だ。

会員簿に江原氏の名前がないことが判明?

雑誌のインタビューでは、「投げやり」とも取れるやり取りも
雑誌のインタビューでは、「投げやり」とも取れるやり取りも

   執筆したのは、ジャーナリストのコリン・ジョイス氏。英高級紙『デイリー・テレグラフ』の東京特派員などの経歴を持ち、日本滞在歴は15年を越える。記事では、江原氏の「スピリチュアリズム」が日本で受けている背景を「入り口のハードルを巧みに低くすることで、信仰を持たない人々の心をつかんでいるようだ」と分析。江原氏を追う形で「スピリチュアリスト」が続々と登場し、スピリチュアリストの「見本市」の盛況ぶりを伝えている。

   その一方で、江原氏を初めとする「スピリチュアリスト」への懐疑的な記述も多い。例えば、スピリチュアリストは英国を「聖地」と仰ぐのに対して、「(英国では)一般市民もスピリチュアルにはほとんど関心がない」としていたり、江原氏が留学中に学び、しばしば特別な敬意をもって語られる「英国スピリチュアリスト協会(SAGB)」のことを

「ドイツや日本など、国外からの問い合わせも増えているというが、会員数は2,000人前後止まり。実際はごくマイナーな団体に過ぎない」

と断じている。
   さらに、江原氏は、自身の著書では「世界ヒーリング連盟会員」という肩書きを使用しているが、

「本誌が問い合わせたところ、現在は同会の会員簿に江原の名前がないことが判明した」

と、「経歴詐称疑惑」まで提起している。
   この特集では、2ページにわたって江原氏のインタビューが掲載されているが、挑発的な質問が多く出された。例えば、こんな具合だ。

「芸能人の霊視は、事前にリサーチができると思うが」
「私は霊的世界を信じていない」
「信じない人は魂のレベルが低いとか?」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中