2018年 9月 19日 (水)

東大は痴漢の温床?? 「高貴な顔立ち」の教授逮捕

印刷

   東京大学大学院の蟻川恒正教授(42)が、電車内でOL(20)の下半身を触り2007年5月11日に現行犯逮捕されていたことがわかった。「高貴な顔立ち」をしたこの教授は、学者としては実績もあり、気さくで学生には人気があったようだ。東大では最近副理事が痴漢で解雇され、あの「ミラーマン」こと植草一秀被告も東大出身だ。ネット上には「東大は痴漢の温床だな」などというカキコミも出ている。

「早口で授業を進めるが大変わかりやすい」

東大は痴漢の温床、という声も
東大は痴漢の温床、という声も

   各紙の報道によると、痴漢行為は07年5月11日午後6時ごろ、JR山手線外回り渋谷―新宿間を走行中の車内で行われた。蟻川教授は右手で女性の尻をスカートの上からなで回し、痴漢に気付いたこの女性が新宿駅のホームで取り押さえ、駅員に引き渡した。蟻川教授は痴漢の理由を「好みのタイプなのでやった」と自供。同13日に釈放された。

   蟻川教授は東京大学法学部卒業後、東北大学大学院法学研究科助教授を経て、06年4月から東大の教授になった。東京大学広報はJ-CASTニュースの取材に答え、蟻川教授が痴漢で逮捕されたという報告は蟻川教授自身からは出されておらず、同15日の昼前のニュースで知ったことを明かした。そして、

「現在は事実確認中で、事実であれば早急に適切な措置をとることになります」

と話した。
   蟻川教授とはいったいどんな人なのか。東北大学時代の評判が同大学のサイトに掲載されていて、それによれば、

「高貴な顔立ちとは裏腹に気さくな人である。意外にも落語好き。また、独身貴族でもある」

   そして、

「早口で授業を進めるが大変わかりやすく授業時間もきっちりまもってくれる。女子生徒に人気も高く、若く優秀な新進気鋭の学者と評されている」

などと書いてあって、学者としてはなかなか立派だったようだ。

立て続けに東大出身者の痴漢事件が起こる

   東北大学にJ-CASTニュースが取材すると、庶務係の女性職員は、

「私どもは今日のニュースで知り、話し合ったのですが、そういう人(痴漢行為をする人)だと話す人は一人もいませんでした」

と痴漢行為を行うなんて不思議だと話した。
   東大では、07年2月に元副理事が電車内で痴漢行為を働き諭旨解雇されている。

2ちゃんねる」にはスレッドが立っていて、「名簿みたら東大法昭和63年卒となってる」「東大副理事といい・・・植草(ミラーマン)も東大出身だし、東大は痴漢の温床だな」

などというカキコミが出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中