2019年 8月 20日 (火)

「生首少年情報ハンティング」 本名、住所がネット上に広がる

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   福島県会津若松市で高校3年生の少年(17)が母親を殺害、頭部を持って自首した事件で、少年の周辺に関する報道が相次いでいる。少年かもしれない人物が犯行後に携帯SNSで日記を書いていた、とする夕刊紙があったり、顔写真を掲載する夕刊紙もある。さらに、ネット上では、報道内容から少年の住所や本名を割り出す「個人情報ハンティング」も進んでいる。

「生首少年?ネット告白」という報道も

ネット上では「個人情報ハンティング」も
ネット上では「個人情報ハンティング」も

   報道によると、現在少年は取り調べに対して淡々と応じているものの、後悔、反省の様子は見せていないという。肝心の少年の犯行動機、つまり「心の闇」については、当分は明らかになりそうもない。

   そんな中、「心の闇」の手がかりになるかもしれない報道が飛び出した、夕刊フジが2007年5月17日、「生首少年?ネット告白詳報」という見出しで1面トップの扱いだ。それによると、犯行から1時間後の5月15日午前2時半ごろ、携帯電話向けSNSに、「最期の日記」というタイトルの日記が掲載されたのだという。「ボクは犯してはならない罪を犯しました」という書き出しで、残りは1問1答形式。「動機は?」という問いには「理由ですか?ただ何となく」と答え、経緯については

「あえて挙げるなら自己実現」

と説明、さらに

「(後悔は)今はありません。ほっとしています。でも後々悔やむことになるでしょうけれど」

とも書き、取り調べに対して反省の様子を見せていない、という点とも符合する。さらに、「この後どうする?」という問いには「罪を与えてもらいに行きます」と、自首を示唆する回答をしている。
   同紙によると、この日記は5月16日午後になって、SNSの運営会社が削除したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中