松岡大臣「本当は謝罪したかった」? それを止めた人間はだれか

印刷

   「ナントカ還元水問題」を始めとする一連のスキャンダルについて何の説明もないまま、突然の自殺を遂げた松岡利勝農林水産大臣だが、「自身では謝罪、辞任などの用意があったが、それを止められていて、板挟みになった」との見方が広がっている。松岡大臣を黙らせたのは誰なのか。

「今は黙っていた方がいいとの上からの指示なのです」

鈴木氏の日記では、松岡氏とのやり取りが紹介されている
鈴木氏の日記では、松岡氏とのやり取りが紹介されている

   自殺から一夜明けた2007年5月29日の朝刊各紙は、自殺直前の松岡氏の足跡を詳細に報じている。それらによると、自殺の2日前の5月26日には、突然熊本県の実家に帰省、父母の墓参りをしていた。朝日新聞によると、その後、熊本市の料亭で開かれた地元選出県議の歓送迎会で、荒木詔之・元県議会議長に対して「私も荒木先生のようにスパッと辞められたらなあ」とこぼしたという。辞めたいが辞められないことを示唆した発言とも言えそうだ。なお、荒木氏は、市町村合併で選挙区の区割りが変更になったことをきっかけに、07年の統一地方選には出馬せず、引退している。

   松岡氏とは「35年にわたる付き合い」だという鈴木宗男衆院議員は、もっと具体的な経緯を明かしていた。鈴木氏はウェブサイトに掲載している日記「ムネオ日記」で5月28日、5月24日夜に松岡氏と会食したことを明かしている。その席で、鈴木氏が翌日の委員会で質問の席に立つことから、「法律にのっとっている、法律に基づいてきちんとやっていますと説明しても、国民は理解していない。ここは国民に土下座し、説明責任が果たされていませんでしたと率直に謝った方がいい」

と、質問の場を利用して謝罪すべきと進言。それに対して松岡氏は

「鈴木先生、有難いお話ですが今は黙っていた方がいいと国対からの、上からの指示なのです。それに従うしかないんです」

と、謝罪はしないように言われていることを明かしている。鈴木氏はさらに、

「これからも何かにつけこの話は続くので、早く国民に正直に説明した方が良いと思うよ」

と説得するも、大臣は

   「そこまで言ってくれるのは鈴木先生だけです」と応じたという。鈴木氏は翌5月29日にも同趣旨のエピソードを記者団に明かしている。

   この「国対」または「上」とは、具体的に誰なのか。J-CASTニュースでは鈴木事務所に聞いてみたが、

「国対と言っても、沢山いますからねぇ…」

と話し、具体的に誰の発言なのかは特定できない、という立場だ。確かに、自民党の国会対策委員会は副委員長だけでも10人以上いるが、24日の会談で、国対メンバーの固有名詞が明かされたかは不明だ。

   一方、自民党の中川秀直幹事長は29日午前の記者会見で 「国対に確認したが、そういう事実は一切ない」と否定しており、真相はやぶの中だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中