2019年 7月 24日 (水)

「マックで注文せずに無線LAN使わせろ」 オーマイニュース市民記者「炎上」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   ブログが「炎上」するのは珍しくもない昨今だが、今度はニュースサイトの記事が「炎上」している。市民記者によるニュースサイト「オーマイニュース」に掲載された記事をめぐり、「非常識だ」と言った声が殺到。これをIT系のニュースサイトが紹介し、さらに「延焼」しているのだ。なにせ、マックの店で何も飲食物を注文しないまま、無線LANだけは使わせろ、という勇ましい主張なのだ。

「営業妨害をしている可能性もありますね」というコメント

マクドナルドの全国2,600店舗では、無線LANが利用できる(写真はイメージ)
マクドナルドの全国2,600店舗では、無線LANが利用できる(写真はイメージ)

   発端は、2007年6月2日にオーマイニュースに掲載された「Yahoo! 無線LANスポット、看板にいつわりあり??」という記事。この記事は公衆無線LANサービスをテーマに書かれたものだ。現在、マクドナルドの全国2,600店舗では、「Yahoo!BB」のオプションサービスに申し込めば、自由に無線LANが使えるようになっている。このサービスをめぐって、市民記者はマクドナルドに矛先を向けているのだ。記事によると、市民記者とマクドナルドとの店員との間で、こんなやり取りがあったという。

「お客様、ご注文をお伺いします」
「飲食の希望はありません。Yahoo! の無線LANスポットを利用してパソコンだけをしたいのですが?」
「ここは休憩所ではありませんので、飲食以外の利用はご遠慮ください」

   これに市民記者は憤慨、

「無線LANサービスの利用を勧誘するYahoo! のホームページには、月額料金を支払えばホットスポットが使いたい放題のようにうたってある。それなのにマクドナルド店舗でのこの対応はどういうことであろう」

などと主張し、マクドナルドやヤフーに「取材」。その結果を紹介した上で、

「勘違いされやすい表示法を今後も続けることが、Yahoo!のような有名企業にとって、はたして益になることだろうか。なんとも首を傾げざるをえないのである」

と結論づけている。

   これに対して、「この記事に一言」と呼ばれるコメント欄には、

「コーヒーくらいは注文してあげて下さいね」
「飲食店に入って何も注文しない客は営業妨害をしている可能性もありますね」

などと、飲食店で何の注文もせずに無線LANを使用することに対する批判の声が広がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中