2019年 10月 18日 (金)

ウェブサイトに付せん貼りまくり 「ニコニコブックマーク」過激

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   動画にコメントを付けられるサービス「ニコニコ動画」がブレイク中だが、このサービスを提供している「ニワンゴ」が、新たなサービスを始めた。ウェブサイトの画面にコメントを付けられる、というものだが、2ちゃんねるさながらの、なかなか過激な書き込みも多いようだ。

批判的なコメントが大量に付けられる

J-CASTニュースのページにも、付せんがいくつか付いていた
J-CASTニュースのページにも、付せんがいくつか付いていた

   新サービスは「ニコニコブックマーク(仮)」という名称で、2007年6月7日夜にスタートした。ウェブサイトのキャプチャ画面に付せんを貼り付け、コメントを書き込める、というものだ。「ニコニコ動画」に登録し、IDを持っている人であれば、誰でもコメントを付けられる。

   「ニワンゴ」は6月1日には4箇条からなる「ニコニコ宣言(仮)」なるものを発表しており、2番目の項目には「ニコニコはすべてのものにコメントを付けられるサービスを目指します」とある。今回のサービスも、この方針を踏まえたものとみられる。

   サービス開始から20時間後に更新された「開発者ブログ」には

「昨日の19:30にサービスを開始しましたが、現在、訪問者7万人強、ページビューも90万を超えました。ニコニコ動画(β)の開始時よりも好調なすべりだしとなりました」

とあり、順調なスタートをアピールしている。

   その一方で、サービスの斬新さゆえに、色々と乗り越えるべき事柄も多そうだ。

   当初は「開発者ブログ」にはコメント欄が設けられていたが、コメントが殺到したため後に閉鎖され、ユーザーが意見を書き込むための掲示板が別に設置された。この掲示板では、サービスの問題点が様々に指摘されている、最も多いのが、第三者が作成したウェウサイトのスクリーンショット(画面のコピー)を勝手に作成し、批判的なコメントを大量に付けることの是非だ。「著作権の問題や名誉毀損で企業や団体に訴えられるのではないか」と危惧する声も多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中