六甲オリエンタルホテルが閉鎖

印刷

阪神電鉄系で1934年創業から73年間営業を続けてきた神戸市の「六甲オリエンタルホテル」が2007年6月15日で営業を終了する。六甲山上から神戸の夜景が一望できることで人気だったが、阪神大震災以降の観光客減少に加え、施設の老朽化が進み、経営統合した阪急電鉄系のホテルが近くにあることもあって、閉鎖が決まった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中