総連副議長を聴取 本部の売却問題で

印刷

朝鮮総連の中央本部の土地・建物の売却を巡る問題で、東京地検特捜部が2007年6月21日までに、同総連の許宗萬・責任副議長を任意で事情聴取した模様だと、21日付けの新聞各紙の夕刊が報じた。総連側が売却交渉の仲介役の元不動産会社社長へ4億円余を支払っていたとされ、その一部が緒方重威・元公安調査庁長官を含めた関係者に流れたのではないかなどの疑問の解明を進めているとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中