ネット情報格差が所得格差に 情報通信白書

印刷

総務省は2007年7月3日、07年版の「情報通信白書」を公表した。所得が高いほどインターネット利用率が高いことを指摘している。また、情報格差が所得格差につながる可能性があるとも指摘した。白書によれば、PCと携帯でのインターネット利用率やブロードバンドの利用状況と所得とは「正の相関」にあり、年収200万円未満の世帯でのインターネットの利用率は52.9%、600万円以上800万円未満では78.3%、2,000万円以上では86.4%となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中