セカンドライフでの賭博を禁止

印刷

オンライン上の3次元仮想世界「セカンドライフ(Second Life)」を運営するリンデン・ラボ社は2007年7月25日、セカンドライフ内での賭けポーカーやルーレットなどの賭博行為を全面禁止すると発表した。セカンドライフ内ではすでに多くの仮想カジノが営業されているが、06年に米国ではネットでの賭博措置を禁ずる法律が成立している。今回の措置はこの流れに沿ったものと見られる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中