2019年 12月 13日 (金)

4万円CDが即完売 阿久悠さん死後の大ブーム

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   1970年代に一世を風靡したピンク・レディーの曲などで知られる作詞家の阿久悠さん(享年70)が、尿管がんのため2007年8月1日に死去した。8月3日夜に複数のテレビ局が特集番組をするほか、発売中だった8,000円を超えるCDに注文が殺到するなど、大反響が出ている。

4万円のCDが即完売

名曲の数々を生み出した阿久悠さん(写真提供:「人間万葉歌」<ビクター>より、撮影:宍戸ヤスオ)
名曲の数々を生み出した阿久悠さん(写真提供:「人間万葉歌」<ビクター>より、撮影:宍戸ヤスオ)

   NHKは8月3日夜に追悼番組「ありがとう阿久悠さん~日本一のヒットメーカーが生んだ名曲たち~」を放送することを急遽決めた。22時から、阿久さんと名コンビを組んだ作曲家都倉俊一さん(59)がゲスト出演し、思い出を語る。90分の生放送で、追悼番組としては異例の長さという。

   また、テレビ東京も3日22時から放送する「たけしの誰でもピカソ」の中で追悼コーナーを設け、貴重な映像を紹介する。

   阿久さんは、1965年の広告会社退社後に放送作家となり、担当した音楽番組に出演していたザ・スパイダースに「モンキー・ダンス」の詩を提供したのがデビュー作だ。有名な作品は数知れないが、尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」や山本リンダさん「どうにもとまらない」、都はるみさん「北の宿から」、ピンク・レディー「UFO」、沢田研二「勝手にしやがれ」などなどだ。5,000曲以上ある。

   阿久さんが作詞した曲を集めたCDにも、一気に注目が集った。108曲CD5枚組「人間万葉歌(まんよううた)阿久悠作詞集」(ビクターエンタテインメント)は、8,400円(税込み)の大作だ。ビクターの制作担当者によると、05年6月末に発売され、07年7月ごろまでに7,000枚以上を売り上げ、「8,000円以上もするCDとしてはかなり高い数字」だった。それが、訃報が報じられた1日のうちに電話注文が殺到し、在庫にあった160セットは「一瞬に」売れきれた。その後も注文が相次ぎ、8月3日昼現在で1,700セット以上の注文が寄せられた。8月10日前後には「何とか生産が追いつくよう調整中です」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中