2019年 8月 20日 (火)

ホンダ高級車「アキュラ」 国内販売延期がもたらす深刻な影響

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   ホンダが2008年秋に予定していた高級車ブランド「アキュラ」の国内展開を延期した。国内市場の動向を見据えて3系列あったホンダブランドの販売網「ホンダカーズ」を一本化し、その定着を優先させたからだ。だが、アキュラ店開業でホンダが苦手としていた高級車販売を活性化できると期待していたホンダ販売会社経営者の士気に、アキュラ先送りは深刻な影響を及ぼしている。苦手克服どころか、ホンダ本社の国内市場政策に重大な疑念さえ生じさせたのだ。

国内販売を2年ほど先送り、2010年以降に

ホンダは高級車ブランド「アキュラ」の国内展開を延期(写真は米国モデル)
ホンダは高級車ブランド「アキュラ」の国内展開を延期(写真は米国モデル)

   アキュラは国内自動車メーカーが展開するプレミアムブランドの先駆けとしてホンダが1986年に創設した。最上級セダン「RL(日本名=レジェンド)」や最上級SUV「MDX」などを扱うブランドで、米国を中心に展開している。2004年以降は米国での年間販売数が約20万台に達するまでに成長した。
   その取り組みは国内メーカー他社にも影響を与え、米国でのアキュラ開業後にトヨタ自動車が「レクサス」、日産自動車が「インフィニティ」を展開した。
   ホンダはアキュラブランドを2008年に国内に導入する計画を立て、2007年秋には販売体制が決まる予定だった。だが、このほど国内導入を2年ほど先送りして2010年以降にすることを決めた。

   導入先送りの要因は国内市場の低迷だ。2011年までに予定しているアキュラブランドの車種群では、アキュラ国内販売計画が未達になると予測されたのだ。しかも、国内のホンダブランドからアキュラブランドになる車種を引き抜いてしまうと、「ホンダカーズ」の扱い車種に高収益車種が不在となってしまう。それではホンダブランドそのものが立ち行かなくなると判断した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中