2019年 1月 22日 (火)

渦中の「プリンセス・マサコ」、第三書館が出版へ

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

第三書館(東京都新宿区)は2007年8月6日、豪ジャーナリストのベン・ヒルズ氏が皇太子妃雅子さまについて書いた単行本「プリンセス・マサコ(Princess Masako)」の日本語版を07年9月10日に出版することを明らかにした。この本には、宮内庁高官が雅子さまに男の子をつくるよう発言したなどと書かれており、同庁や外務省が事実無根などとして著者に抗議していた。当初は講談社が出版を計画していたが、同社は07年2月に「事実誤認に対して、ヒルズ氏が謝罪に応じない」として出版を中止していた。第三書館は「謝罪しないというのは出版中止の理由にならない」(北川明社長)としている。同社発行の日本語版の翻訳者は藤田真理子氏。四六判352ページ。税込みで1,890円。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中