ソフトバンクが3ヶ月連続首位 携帯電話純増数

印刷

電気通信事業者協会が2007年8月7日に発表した7月の携帯電話契約数によると、新規契約から解約を差し引いた純増数でソフトバンクモバイルが22万4800件と3カ月連続で首位となった。一定月額を払えば同社携帯同士の通話が一定時間無料となる「ホワイトプラン」が人気を集めたためだ。6月にスタートした家族間通話無料サービス「ホワイト家族24」も好調で、純増数は2カ月連続で20万件を突破した。「au」を展開するKDDIは、「ツーカー」を含めると19万1200件で2位。NTTドコモは8万1400件にとどまり、4カ月連続で3位だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中