2021年 5月 11日 (火)

セカンドライフのラブホにある 「Hベッド」とは?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   米リンデン・ラボが運営するオンライン上の仮想3次元空間「セカンドライフ(Second Life)」では「仮想セックス」が盛り上がりを見せているが、その「仮想セックス」を可能にする「Hベッド」をめぐって、米国で訴訟が起こされた。「Hベッド」に仕込まれた「性行為」のアニメーションが違法コピーされたというのだ。日本人居住区のラブホテルでも「Hベッド」が備えられおり、今回の訴訟は日本と無関係ではない。

アニメーションのコピーはできないように設定されていた

「セカンドライフ」にはラブホテルもあり「性ビジネス」が盛んだ
「セカンドライフ」にはラブホテルもあり「性ビジネス」が盛んだ

   2007年8月13日のAP通信などによると、訴訟を起こしたのはフロリダ州タンパのケヴィン・アルダーマーさん(46)。45ドル(約5,400円)で売られている「SexGen」と名づけた「仮想セックス」ができるアニメーションのコピー防止装置が破壊され、アニメーションのコピーが販売されたとして、タンパにある連邦地方裁判所に訴訟を提起した。

   「セカンドライフ」では、アバター(ネット上の分身)同士による「仮想セックス」が盛んに行われているが、それはプログラム言語で設定されたアニメーション機能を使って行われる。アバターが「Hベッド」に仕込まれたアニメーション機能を選択すると、「性行為」のポーズを取り、その動作を行うというもので、様々な「体位」を選択して、「仮想セックス」することがプログラム言語によって設定されているのだ。

   実際、ケヴィン・アルダーマーさんが所有しているショップでは、100の「体位」が選択できるとされる「SexGen」が商品として販売されているが、アニメーションのコピーはできないように設定されている。これが何者かによってコピーされ、販売されたようなのだ。

   米国の報道では、コピーを販売しているアバターは、著作権侵害であることを通告されると「何する気?訴えるの?」などとシラを切ったようだが、アルダーマーさんの弁護士はこのアバターのリアルの世界での所在を突き止めたと述べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中