2019年 7月 17日 (水)

通話できないのに購入者続々 「iPhone」日本で人気沸騰

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   米国で販売開始された米アップル社製の携帯電話「iPhone」。米国では大人気で、アップル社の当初の販売目標を大きく上回るのではないかといった推測が早くもされているが、何故か販売されていない日本国内でも、購入者がいるほどの人気ぶりなのだ。国内携帯事業者の「iPhone」導入はあるのか。

欧州で発売される日もそう遠くはなさそう

アップル社「iPhone」の国内発売が消費者には期待されている
アップル社「iPhone」の国内発売が消費者には期待されている

   アップル社が2007年6月29日(日本時間30日)に新型携帯電話「iPhone」を全米で発売して2ヶ月ほどになる。通常の携帯電話に搭載されているキーパッド(ボタン)をやめ、タッチパネルを採用した斬新なデザインであるほか、アップルが運営する「iTunes」から音楽がダウンロードできる。米国での発売日にはアップル直営店に行列ができるほどの人気ぶり。

   07年8月22の米国の報道では、アナリストが「iPhone」の第4四半期(7月~9月)の販売台数が80万台を上回るとの見方を示しており、当初のアップル社の販売目標である73万台を大きく上回る見通しだ。さらにアップルは、オンラインストアで8ギガバイトモデル・4ギガバイトモデルについて、オンラインストアでの小売価格を100ドルほど値下げした。07年8月22日付けのニューヨークタイムズは、27万台の「iPhone」が8月20~21日の2日間で販売されたとアップル社が述べていると報じており、販売台数はますます増えそうな勢いだ。

   さらに、独フィナンシャル・タイムズは8月21日に、欧州携帯電話大手の「T-Mobile」(独)「O2」(英)「Orange」(仏)と「iPhone」の販売事業で提携することで合意したと報じており、「iPhone」が欧州で発売される日もそう遠くはなさそうなのである。

   となると、期待されるのは日本での販売。早くも日本国内でも人気が沸騰中だ。ネット上では、「iPhone」についての情報交換がなされ、国内での発売を求める署名活動も行われた。

   ブログサービス「もごもご」を運営するドラゴンフィールドは07年6月21日に国内での「iPhone」発売を求める署名運動を同ブログを通じて開始した。「docomoでほしいっす」「softbankで欲しい~っ」といったコメントがすでに多数寄せられている。どうやら「iPhoneを日本で使いたい」と願う同社のスタッフが立ち上げた運動のようで、5,000人分の署名が集まった時点で米アップル社に届けるとしている。

   さらには、国内で使用できないにもかかわらず、実際に購入してしまった人までいるようだ。

   SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)最大手の「ミクシィ(mixi)」では、早くも購入者のコミュニティがあり、通話ができない国内にいながら「iPhone」の所有者になっている人たちの姿が垣間見れる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中