2019年 12月 8日 (日)

「マンガ嫌韓流」新作 車内広告に修正要請

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「嫌韓」をテーマとして大ヒットを記録した漫画「マンガ嫌韓流」の続編が発売された。今回も議論を呼びそうな内容で、車内広告に修正を求められるなど「摩擦」が生じていることがわかった。作者は「正常な日韓関係構築の道のりは遠い」と嘆いているが、出版社側は「煽りたくない」と話している。

朝鮮半島に関するマスコミ報道の問題点を指摘

「マンガ嫌韓流3」は、多くの書店で平積みで売られていた
「マンガ嫌韓流3」は、多くの書店で平積みで売られていた

   2005年に第1弾が発売された「嫌韓流」は、日韓問題について韓国の否定的な面を大きく論じたという目新しさがうけ、ヒット作となっていた。07年8月28日には、3作目となる「マンガ嫌韓流3」が発売された。同作品の帯には「累計78万部突破!」と大きく書いてあり、これまでの人気ぶりをアピールしている。
   「嫌韓流3」によると、第1弾と第2弾は

「タブー化されていた日韓の歴史や韓国・在日の実態を漫画という形で広く知らしめた」

のに対して、今回発売の第3弾は一歩進んで、

「タブーが破られて歴史の事実や韓国・在日の実態が明らかとなり新たな局面に入った日韓関係について考える」

という趣旨なのだという。

   今回取り上げられている内容は、朝鮮総連への税減免措置を批判したり、朝鮮半島に関するマスコミ報道の問題点を指摘したりするものなどだ。さらに、「日本人と偽って売春している韓国人がいる」といった内容も盛り込まれている。
   米国で、従軍慰安婦問題について日本側と韓国側に分かれて討論会を行うシーンも登場するが、韓国側はすぐに論理破たんし、「逆ギレ」して怒り出す、という展開だ。このように、これまでの作品と同様に、韓国・北朝鮮に批判的なトーンで一貫している。
   議論を呼びそうな内容だけに、今回も若干の「摩擦」が起きているようなのだ。作者の山野車輪さんが2007年8月25日、ブログに、こんなことを書いたのだ。東京メトロからは中吊り広告の掲載を断られ、JR東日本向けの広告には一部に修正が入ったことを憤る内容だ。

「宣伝。JRに8月29、30日『マンガ嫌韓流3』の中吊り広告出します。中央線、総武各停、京葉線、青梅線、五日市線、武蔵野線ね。しかし、広告の一部に『消し』が入っているようです。『検閲』ですかね?確認してみて。
でも、『嫌韓流』という書名そのものを理由に断った東京メトロに比べれば全然ありがたい。とりあえず正常な日韓関係構築の道のりは遠い」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中