2018年 10月 18日 (木)

「パパ」「姫」スキャンダル騒動 民主党お得意の「ブーメラン」?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   自民党議員の相次ぐ不祥事を足がかりに先の参院選で大勝を収めた民主党だが、今度は民主党議員のスキャンダルが次々に報じられている。「攻撃」が自分に戻ってきてしまう「ブーメラン現象」がまたしても作動した形だ。参院選の「目玉候補」だった「パパ」「姫」のスキャンダル騒動に、小沢代表の秘書の選挙違反疑惑・・・。これで自民党を追い詰められるのか。

「根拠の希薄な記事の内容には、強い憤りを感じます」

「さくらパパ」と「姫」のスキャンダルが週刊誌に相次いで報じられた
「さくらパパ」と「姫」のスキャンダルが週刊誌に相次いで報じられた

   まずは、週刊新潮に「不倫」「賭けゴルフ」が報じられた「さくらパパ」こと横峯良郎参議院議員

   週刊新潮の報道を「事実無根」として2007年8月28日に、週刊新潮と記事に登場する「愛人」女性らを相手取って5,500万円損害賠償を求める訴訟まで起こした。ただ、提訴の2日後に発売された週刊新潮(07年9月6日号)に「ハレンチ写真」とされるものが掲載され、横峯氏の「口止め工作」疑惑が報じられた。

   前週号では「ハレンチ」な飲み会を横峯氏が行っているなどと報じられていたが、今度はその模様を撮影したとされる写真が掲載された。さらに同誌は、横峯氏が同誌の「賭けゴルフ」報道後、「賭けゴルフ」を行った相手に対して、「賭けゴルフのことは一切口外しない」という文書に判子を押させるなどの「隠蔽工作」を行っていた、などと証言を交えて報じ、「このまま国会議員を続けては、あまりにも有権者を馬鹿にしているのは誰の目にも明らか」と評している。この報道に対して、横峯氏は2007年8月29日、事務所を通じて、

「8月30日発売の週刊新潮掲載の記事に関して、裁判で係争中のため、特にコメントは差し控えさせていただきますが、根拠の希薄な記事の内容には、強い憤りを感じます。いずれ法廷の場で明らかになることを確信しておりますが、マスコミ各位におかれましては、十分な事実確認の下、慎重な報道をお願い申し上げます」

とするコメントを発表している。

   そして「姫の虎退治」とアピールして片山虎之助・前参院幹事長を破って当選した姫井ゆみ子参院議員

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...