住信SBIネット銀行、24日に開業

印刷

住友信託銀行SBIホールディングスが共同出資するインターネット銀行が2007年9月24日に開業する。金融庁の予備審査で「問題なし」と判断され、銀行の営業免許の正式取得をまって開業する。新銀行名は「住信SBIネット銀行」で、社長には住友信託でプライベートバンキング部部長、本店支配人を務めた田中嘉一氏が就く。パソコンや携帯電話で、円・外貨の預金、振込みなどの資金決済サービスに加え、住宅ローンやカードローンなどの商品・サービスを24時間・365日提供する、フルバンキングのネット銀行をめざす。
SBIイートレード証券と連携して、即時資金移動サービスや1年後には証券担保ローンを提供する予定。また、投資信託の販売や外国為替証拠金取引(FX)にも参入する。開業3期目で40万口座・預金量で7000億円程度、単年度の黒字化、5期目で60万口座・1兆円程度、当期純利益50億円、累損解消が目標。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中