2018年 7月 19日 (木)

朝日、日経、読売立ち上げ? ヤフー対抗の共同ポータル

印刷

   2007年9月18日発売の「週刊ダイヤモンド」が、朝日日経読売の3社が共同でポータルサイトを立ち上げる計画があると報じた。ネットに押されてじり貧の新聞社が、ヤフーに対抗するサイトをぶち上げるのだという。朝日、読売は「コメントは控えたい」としている。ただ、「ニュースだけでは魅力あるサイトにならない」などという冷めた見方も出ている。

他のポータルサイトへの情報配信はやめる?

「新聞没落」とセンセーショナルな見出しをつけた「週刊ダイヤモンド」9月22日号の記事
「新聞没落」とセンセーショナルな見出しをつけた「週刊ダイヤモンド」9月22日号の記事

   「新聞没落」――。週刊ダイヤモンドが、2007年9月22日号で、沈む夕日の写真をあしらった表紙にこんな刺激的で派手な見出しを付けた。計5章32ページにわたる膨大な記事は、すでにメディアで報じられた内容をまとめた側面もある。が、ひとまとめになるとインパクトがあり、中には、スクープともみられる記事があった。

   それが、朝日、日経、読売の新聞3社が、共同でポータルサイトを立ち上げる見通しを報じたものだ。プロジェクト名は、3社の頭文字を取って「ANY(エニー)」。記事によると、プロジェクト開始の予定日は9月25日とある。

   これまでライバル関係にあった3社が手を組むというのは、どう考えても異例中の異例だ。何が背景にあるのか。記事では、購読者数の減少、広告収入の落ち込みから、発展の著しいインターネットで新たな収益源になる事業を興そうという狙いがあるとしている。

   週刊ダイヤモンドの説明はわかりにくいが、エニーが収益源になるというのは次のような理由らしい。新聞社は自社サイトを持っているが、記事が無料で読めるため新聞部数の減少を招いており、その分をサイトの広告費で稼がなければならない。そこで、新聞社3社が共同でヤフーのようなポータルサイトを作り、より高い広告収入を見込んでいるというのだ。

   この報道は事実かどうか、J-CASTニュースでは、朝日新聞社に取材を申し入れた。すると、同社の広報担当者は、「いずれご説明することがあるかもしれませんが、現時点でお話できることはございません」と答えるのみだった。

   週刊ダイヤモンドの記事では、ライバルの大手紙幹部の話として、「他のポータルサイトへの情報配信はやめるという項目」がエニーの肝になるとしている。ということは、3社の中で唯一ヤフーに記事を配信している読売が配信を止めるということだろうか。しかし、読売新聞社広報部の担当者は、J-CASTニュースに対し、「申し訳ないですが、今はイエスともノーともお答えできない。もう少しすれば話せるかもしれません」と言葉を濁した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中