2019年 8月 24日 (土)

10月から求人年齢制限禁止 中高年は救われるのか

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   募集や採用のときの年齢制限を原則禁じる改正雇用対策法が2007年10月1日から施行される。中高年や30歳以上の「年長フリーター」の雇用機会が増えることが期待されている。一方で制限には例外規定もあり、どこまで「中高年層」の「厳しい現実」が変化するのか。

年齢尋ねても即違法になる訳ではない

年齢制限の原則禁止などを説明する厚生労働省のHP
年齢制限の原則禁止などを説明する厚生労働省のHP

   改正法は07年6月に成立した。これまで努力義務だった年齢制限を原則禁止したのが大きな特徴だ。違反した場合の罰則はないものの、行政の指導や勧告に従わない場合は、ハローワークや職業紹介業者に求人掲載を拒否される場合がある。厚生労働省によると、適用されるのは10月1日以降の求人申し込みからだ。9月末以前に掲載を申し込んだ求人は、そのまま掲載されることになり、利用者から「おかしい」と指摘があればその都度修正を指導していく。10月1日から一斉に年齢制限が消えるという訳ではなさそうだ。

   ただ、年齢制限の「原則禁止」には6項目の「例外規定」がある。厚労省のHPで公開されている事業者向けに作った改正法の解説資料に掲載されている。

   こうしたこともあり、多くのブログは改正法に対して冷ややかな見方を示している。法改正は「形だけ」であり、企業が欲しがる人材層が急に変わることはないとし、「無意味だ」「絵に描いた餅」という声も挙がっている。

   また厚労省雇用政策課によると、面接や採用の際に企業側が年齢を理由に断ってはならないが、年齢を尋ねたからと言って即違法になる訳ではない。様々な例外規定と合わせ、「結局抜け穴になるのではないか」と質問すると、担当者は「抜け穴ではありません。高齢者や年長フリーターなどに均等に機会が開かれるよう厳正に運用します」と反論した。

   実際、企業側はどう反応するのだろうか。

   経済アナリストで日本人材紹介事業協会の理事でもある森永卓郎さんは、ネット上のコラム「構造改革をどう生きるか」(8月27日)の中で、改正法施行に期待感を示している。

   企業側は若い人が欲しい場合でも中高年の応募に対応せねばならない。その状態が続くうちに「試しに」採用する企業が出始め、それが「なんだ、できるじゃないか」という人材評価の「変化」へつながる可能性が「極めて高い」。そして「年齢差別の意識」がなくなり「中高年がもう少し軽やかに転職できるような時代」になれば「減給、降格人事」などの「会社の暴走」もかなり食い止められるーーこんな明るい展望を示している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中