2019年 9月 21日 (土)

光市事件方針巡り対立 元少年弁護団が分裂、迷走

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   山口県光市の母子殺害事件の被告弁護団が分裂している。「赤ちゃんを床に叩きつけたのは『ママゴト遊び』」といった主張の表現などに、弁護団の一員である今枝仁弁護士が反発し、一人で弁護活動をするというのだ。今枝弁護士は、「弁護団から排除された」としており、弁護団は迷走の色を濃くしている。

辞任表明後すぐに撤回した今枝仁弁護士

弁護人辞任を表明して翌日に撤回した今枝仁弁護士のブログ
弁護人辞任を表明して翌日に撤回した今枝仁弁護士のブログ

   弁護団の内紛は、今枝仁弁護士が2007年10月14日付のブログで明らかにした。「重大報告」と見出しをつけた日記で、今枝弁護士は、当日の弁護団会議で意見が対立し、主任弁護人の安田好弘弁護士と弁護団長の本田兆司弁護士から、「弁護人から降りてもらいたい」と言われたことを明らかにした。そして、15日に被告の元少年に説明したうえで、辞任する意向さえ示した。

   今枝弁護士は、元少年と面会後、「絶対に辞めないでほしい」と懇願されたとして、15日付の日記で辞任表明を撤回。しかし、今枝弁護士は同日、J-CASTニュースの取材に対し、弁護団に戻るのは難しいとの見通しを示し、一人で弁護活動をすることを明らかにした。

   ブログや今枝弁護士の説明によると、今枝弁護士は、元少年による被害者の首の絞め方が悪質ではないなど、弁護団が法医学の論点ばかり重視することに不満を述べた。そして、「ママゴト遊びのような不要にインパクトのある猟奇的な表現を使わず、もっと事実に即しておとなしい表現を使ってほしい」と訴えた。また、元少年がもともと強姦の目的がないことや、現在反省しており将来の更生の可能性があることを訴えるべきなどとして、安田弁護士らと対立したという。

   極めて異例な弁護団の分裂は、差し戻し控訴審の行方に影を落とさないのだろうか。今枝弁護士は、J-CASTニュースに対し、「弁護の主張が違うといっても、向こう(弁護団)が受け入れないのだし、被告が辞めないでくれというので仕方がない。もっとも、向こうが私の出廷を拒否したら、出られないかもしれないが」と明かす。なんともはっきりしないのだ。

   一方、弁護団は、この事態をどのように考えるのか。弁護団長の本田弁護士にJ-CASTニュースが聞こうと事務所に連絡すると、事務員からは「(今枝弁護士の)ブログをまだ見ていないので、コメントすることはありません」との返答だった。主任弁護人の安田弁護士は、地方へ出張中で、15日夕までにコメントは得られなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中