2018年 7月 20日 (金)

「混合診療の禁止、法的根拠なし」と東京地裁判決

印刷

保険診療と自由診療を併せて受ける「混合診療」を原則禁じた国の政策について争われた訴訟で、東京地裁は2007年11月7日、「禁止に法的根拠はない」とする判決を言い渡した。国は混合診療の場合、保険適用分の診療費も自己負担としているが、地裁は、保険適用分については給付すべきとした。原告の神奈川県藤沢市の清郷伸人さん(60)は、がん治療のため受けた保険適用のインターフェロン療法と適用外の療法に全額負担を求められたことから提訴していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中