2018年 7月 18日 (水)

「TBSニュース」の「エコー」掛かり過ぎ 「ユーチューブ」になぜか英語の書き込み

印刷

   TBS系ニュース「JNNニュース」が2007年11月24日に報じた北海道の雪崩死亡事故で、およそ75秒間、現地からの中継した音声に強いエコーがかかった。「ユーチューブ」にもこの放送がアップされ、なぜか英語で300近いカキコミがされている。

強いエコー、75秒も流れ続けた

「ユーチューブ」には、英語で大量のコメントが書き込まれている
「ユーチューブ」には、英語で大量のコメントが書き込まれている

   問題の放送は、バラエティー番組「王様のブランチ」の途中で放送されたお昼の「JNNニュース」。長峰由紀アナウンサーがトップニュースとして北海道十勝連峰で起きた雪崩事故を、

「巻き込まれた4人の死亡が確認されました。現地から中継です」

   と報じた。カメラは現地に切り替わり、雪に埋まった山付近が映り、防寒具を着込んだ男性アナウンサーが話し始めたとたん、強いエコーがかかって聞き取りにくくなった。雪崩に巻き込まれたものの生還したメンバーのコメント、

「残念です。申し訳ありません」

   インターネットの掲示板では、

「めっちゃカオスニュースだった」
「見てたwwトラウマもんだw」
「カラオケ行った時にイタズラした事を思い出した」

   などのカキコミが。約75秒と長かったものだから、

「結構長いなw途中で止めるとかしろよw」

   という苦情もあった。

「ナチスドイツのような大虐殺計画しています」??

   「ユーチューブ」にも画像がアップされていて、コメント欄には300近くカキコミが出ている。その殆どが英語だが、この雪崩の死亡事故とエコーから、外国人はなぜか、戦争やナチス、侵略と言ったものを連想してしまったようで、

「ナチスドイツのような大虐殺計画しています」
「日本人が真珠湾で私たちの海軍を攻撃したという事実です。はい、私たちは長崎またはヒロシマで何千人も殺したかもしれません。しかし、さらに多くが両側で虐殺されたでしょう?」
「24日、日本企業のグラウンドゼロの男性が殺されました」

   などとニュースとは関係のないコメントが多い。

   なぜこんなに音声が乱れてしまったのかTBS広報に確認したところ、

「この放送についての情報は来ていません」

   という事だった。視聴者サービスセンターに電話したら、

「なぜこうなったかわからない」

   ということだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中