2018年 7月 23日 (月)

生保9社の中間決算は5年ぶりの減収減益

印刷

日本生命第一生命明治安田生命など生命保険9社の2007年9月中間決算は5年ぶりの減収減益となった。保険金の不払い問題で、契約者の不信感が募ったこと、また営業よりも実態調査に多くの時間と手間を費やしたのが響いた。 9社の中間決算によると、本業のもうけを示す基礎利益が前年同期比4.1%減少し1兆1313億円となった。T&Dホールディングス(太陽生命、大同生命)や富国生命朝日生命を除く5社が減益だった。保険料等収入(一般企業の売上高にあたる)は同2.8%減の8兆4839億円。日生や明治安田、三井生命を除く6社が減収だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中