中国製「くまのプーさん」茶わんから有害物質検出

印刷

大阪府は「くまのプーさん」がデザインされた中国製の茶わんから有害化学物質のホルムアルデヒドが検出されたとして、輸入元の「シンセーインターナショナル」(大阪府吹田市)に回収を命じた。問題の茶碗は合成樹脂製。06年10月から約6万個が輸入され、全国の100円ショップなどで売られている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中