2019年 4月 24日 (水)

関西ナンバーに車検拒否続々 悪質駐車は依然「なにわ名物」

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   駐車違反金を納めずに車検更新を拒否されるのは、「なにわ」「神戸」「大阪」と関西ナンバーが上位を占めていることがわかった。駐車マナーが悪く、取り締まりにも苦情をまくしたてるとして、駐車違反は「なにわ名物」とも揶揄される。関西人はここではまた、「財布のひもが固かった」(調査関係者)らしい。

「なにわ」「神戸」が拒否の1、2位

   歌手の倖田來未さん(25)が運転中の携帯電話使用で警官と30分も言い争いになったとフライデー2006年4月14日号で報じられたとき、ネットでは「これだから関西人は」などとその交通マナーの悪さが議論になった。さらに、関西人にとっては不名誉な駐車違反関係のニュースが、ここ1週間で相次いで報じられた。

   国土交通省近畿運輸局の調べによると、07年7月までの1年間で、駐車違反金を納めないで車検更新を拒否されたのは、全国トップが「なにわ」ナンバー(大阪市)で981件。続いて、2位に「神戸」ナンバー(兵庫県神戸市、尼崎市、明石市)830件、4位に「大阪」ナンバー(大阪府茨木市、高槻市、吹田市)765件が入った。ベスト4に、関西ナンバーが3つも占めていたのだ。首都東京からは、わずかに「品川」ナンバー(東京都の一部)779件が3位に入った。

   また、近畿2府4県の車検拒否件数は、全車検台数の0.130%を占め、全国平均0.054%の2.4倍だった。これは、2番目に高い関東地区の0.068%に比べても際立った数字だ。ちなみに、不払いによる車検拒否制度は、06年6月の改正道路交通法施行で導入された。

   なぜ関西のドライバーは、駐車違反金をなかなか納めないのか。J-CASTニュースが、調査した近畿運輸局や取り締まりに当たる大阪府警に聞いても、「どうしてなのかはよくわからない」と答えるのみだった。ただ、調査関係者からは、「財布のひもが固い関西人の気質が影響しているのかもしれない」との指摘があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中