2019年 9月 17日 (火)

お笑い芸人、キャスターにアナウンサー 名前だけ乱立のタレント府知事選

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大阪府知事選の候補者選びが、迷走している。告示まで1か月余りに迫ったのに、お笑い芸人、キャスターなど噂されるタレントらの「名前だけ乱立」状態だ。この中から本命の候補がいるのか、それとも、あの意外な人が急浮上するのか、事態は混沌としている。

読売テレビ解説副委員長の辛坊治郎氏の名前も

著名人の名が挙がる大阪府知事選を特集する新聞各紙
著名人の名が挙がる大阪府知事選を特集する新聞各紙

   まさにドタバタ劇だった。朝日毎日共同の3社が、2007年12月5日付記事で、自民党が弁護士でタレントの橋下徹氏(38)を擁立する方針と報道すると、橋下氏はその日のうちに所属事務所を通じて完全否定してみせた。それも朝毎が「本人は出馬に同意」などと報じたのにもかかわらずだ。

   一方、民主党の候補についても、新聞各紙によって、読売テレビ解説副委員長の辛坊治郎氏(51)ら複数の著名人に見方が分かれており、情報が錯綜している。府知事選は、08年1月10日告示、同27日投開票のスケジュール。なのに、出馬予定は未だ、共産党推薦の弁護士、梅田章二氏(57)と無所属の会社役員、羽柴秀吉氏(58)だけ、という異常事態になっている。

   しかし、各紙に挙げられた候補者の名前は、豪華だ。お笑い芸人、キャスター、知事経験者…と、著名人がキラ星のごとく並ぶ。スポーツニッポンは12月6日付記事に、その顔ぶれを一覧表の形にして載せた。それを見ると、ジャーナリストの大谷昭宏氏(62)、前鳥取県知事の片山善博氏(56)…、と誰もが聞いたことがあるような8人もが挙がった。

   例えば、各紙によると、自民党府議らは、お笑い芸人で前参院議員の西川きよし氏(61)に打診したが、西川氏は11月27日、今後は芸能活動一本に絞るとして、出馬を否定する発表をした。ところが、一部報道では、自民党などが西川氏に再び打診しているというのだ。また、民主党サイドでは、元毎日放送アナウンサーのタレント、近藤光史氏(60)に出馬を打診しているとの報道があった。事実とすれば、07年11月18日の大阪市長選で、近藤氏と毎日放送アナウンサー同期の同党推薦、平松邦夫氏(59)が自民推薦現職を破って当選したことから、2匹目のドジョウを狙う作戦らしい。

   ほかにも、タレントから島田紳助(51)、島田洋七(57)、桂三枝(64)3氏が挙がっており、混戦模様だ。ただ、どの人も出馬を否定したり、はっきりしなかったり。まだ名前が挙がるだけに留まっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中