2021年 8月 1日 (日)

信販会社「お金持ち」向けクレジットカードに活路

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   信販大手の三菱UFJニコスセントラルファイナンスがクレジットカード業務をテコに、収益拡大を狙っている。信販業界はいま、改正貸金業法や割賦販売法の改正案の影響で、厳しい経営環境にさらされている。信販事業の柱であった「分割払い」の取り扱いが先細りし、柱に育ちかけた消費者ローンも頭打ち。そこで「最後の砦」、クレジットカード事業に活路を見出そうとしている。

いまのカードサービスでは物足りない富裕層にターゲット

   セントラルファイナンス(CF)は2007年12月10日から、「CF Card GOLD」の取り扱いを開始した。07年4月に三井住友フィナンシャルグループ入りしたCFの商品化第1弾。三井住友カードやVJAグループの空港ラウンジや人間ドックの優待といった特典に加えて、CFスーパーロードサービスや500万円までのショッピングガード保険、また通常のCFカードに比べて1.3倍のポイントが付くポイントサービスなどが受けられる。

   CFはゴールドカードの発行について、「いまのカードサービスでは物足りないなどの、お客の声に応えた」(経営企画部)という。年会費は1万500円。既存のカード保持者からの移行も含め、2010年度末までに10万人の会員獲得をめざす。「若手のビジネスマンや、商品の販売店オーナーなどに持ってもらいたい」と話し、富裕層をターゲットとし、取引の平均単価を上げていく考えだ。

   三菱UFJニコスは、英金融大手のHSBCが傘下の香港上海銀行を通じて取り扱う「HSBCプレミア・クレジットカード」の、カードの発券、会員管理、与信管理、売上げ処理の業務を受託した。

   HSBCのカード保持者は預かり資産1000万円超の個人富裕層が対象。08年1月から、東京・広尾や赤坂のプレミアセンターで資産運用相談を始める。こちらは年会費無料で、空港のラウンジサービスや300万円までのショッピング保険、ポイントサービスは航空会社のマイレージや全国の百貨店などで使えるクーポン券などと交換できるサービスを提供する。

   全国信販協会によると、会員会社44社の2005年度の事業別取扱高は、総合あっせん(クレジットカード)が5兆7744億円(前年同期比1兆2548億円増)、個品あっせん(分割払い)2兆8162億円(同2869億円減)、融資(個人ローン等)4兆1057億円(2824億円増)だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中