小栗旬「オレは許せない」 「KY」現象に批判噴出

印刷

   「KY」という言葉がメディアでも頻繁に使われている昨今だが、一方で「KY」という言葉に批判的な意見も噴出している。人気俳優・小栗旬さん(25)が「KYって言葉、オレは許せない」と述べるなど、「KY」への風当たりは強い。

2ちゃんねるでも「見直した」といった書き込みが相次ぐ

小栗旬さんは「KYって言葉、オレは許せない」と毎日新聞に対して述べた
小栗旬さんは「KYって言葉、オレは許せない」と毎日新聞に対して述べた

   「KY」とは、「現代用語の基礎知識2007」(自由国民社)によれば「空気を読め」の略。メディアなどではもっぱら「空気が読めない」の略として使われている。最近の例では、朝青龍が春日野部屋に「アポなし」で出げいこに言ったことが「KY」、年金記録不備問題の全面解決が困難な状況になっていることについて福田康夫首相が「公約違反という大げさなものでない」と発言したことが「KY」、といった具合にスポーツ紙などに評されている。

   安倍前首相が、参院選での自民党「大敗」の後に辞任せずに、所信表明演説後の2007年9月12日に突然辞任表明したことについても、メディアによる「KY」報道が過熱したことは記憶に新しい。その後、様々な場面で「KY」が頻発されるようになった。

   この「KY」現象にあわせるように、毎日新聞では「'07年顔 空気読んだ?」というインタビュー記事の特集が組まれている。2007年12月26日のこの特集には、人気俳優・小栗旬さんが登場。07年にテレビや映画、舞台での活躍ぶりに言及された後に、

「KY(空気読め)って言葉、オレは許せない。どこまで知的レベルを落とせばいいんだ、この国は、って思います。オレだって勉強ダメですけど、でも自分の中に良い悪いの基準はちゃんとつくっているつもりだから」

という小栗さんの言葉が紹介されている。

   この発言はインターネット上の巨大掲示板2ちゃんねるを中心に大きな反響を呼んでおり、「小栗よく言った!」「見直した」といった賛意を示すような書き込みが相次いでいる。どうやら、「KY」という言葉がメディアで頻繁に使われることに違和感を感じていた人が実は多かったようなのだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中