カプコンオンラインゲーム アカウント停止「冤罪」騒動

印刷

   オンラインゲームをめぐるトラブルが相次いでいる。特に多いのが、「突然アカウントを停止され、何故止められたのか、何の説明もない。冤罪だ」という声だ。一方のゲームメーカーメーカー側も、「公式サイトに書いてある内容以外は答えられない」と答えるばかりで、公式サイトを見ても、「手の内を明かしたくないので理由は答えられない」と言った内容が書いてあるばかりだ。このゲームに限らず、オンラインゲームにはこのような問題が相次いでいるといい、利用者側の不満がくすぶっている。

1週間に690件の規約違反が確認?

掲示板上では「冤罪」を訴える声も多い
掲示板上では「冤罪」を訴える声も多い

   問題となっているのは、カプコンが運営する「モンスターハンターフロンティア」J-CASTニュースの調べによると、2007年12月7日の夜から、大量にアカウントが停止され、ネット上には

「身に覚えがないのにアカウントを停止された。冤罪だ」

と言った声が相次ぎ、同ゲームの公式掲示板も

「まったく身に覚えがないのに、こんな事になるなんて本当にがっかりです」

といった声であふれた。ところが翌12月8日夜になって、これらの書き込みが削除され、騒動が拡大していた。

   12月11日には、公式サイトにメンテナンス情報などをまとめた「運営レポート」が掲載され、公式見解が示された。これによると、12月3日から12月9日の1週間に690件の規約違反が確認されたとして、これらのアカウントに対して、アカウント停止などの措置を行ったことを明らかにしている、さらに、一問一答形式でユーザーの疑問に答えようとしたが、全くユーザーを納得させるに足るものではなかったようなのだ。例えば、こんな具合だ。

「Q:友人がチート(編注: 詐欺、違反)行為の疑いで、アカウント凍結をされました。友人は絶対にチート行為をしていないと私に話しています。その友人の利用停止措置を解除してください。
A:運営チームにて不正行為を確認したための罰則となりますため、申し訳ございませんが解除することはできません」

   さらに、公式BBSで「冤罪」を訴えるスレッドが削除された理由についても、「掲示板の使用目的と異なる為です」と一蹴。

   12月上旬には「冤罪」を訴える有志によるまとめサイトが立ち上がり、現在でも活発な情報交換が続いているが、事態は好転する様子は見られず、サイト内では

「内容証明を送付した」

といった声もあがっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中