2019年 12月 9日 (月)

「ホームレス中学生」200万部目前 田村今年の稼ぎ総計3億円!?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   お笑いコンビ「麒麟(きりん)」の田村裕さん(28)が中学生時代の耐乏生活を中心に綴った自叙伝「ホームレス中学生」(ワニブックス)の発行部数が200万部に迫っている。漫画本も発売されたばかりで、映画化も決定している。J-CASTニュースの試算だと、総計の売り上げは3億円を超える。あっという間に「億万長者」のはずだが、ことはそう簡単にはいかないようで、所属事務所に渡る分も大きいのだという。

200万部で印税2億6000万円

「ホームレス中学生」での収入はいくら?
「ホームレス中学生」での収入はいくら?

   「ホームレス中学生」は2007年9月に発売。発売2ヶ月でミリオンセラーを達成し、版元のワニブックスによると「08年初めの時点では19刷で195万部」とのことで、200万部超えが確実な状況だ。出版業界では、著者が売り上げの10%前後を印税として受け取るのが一般的で、本体価格1300円の「ホームレスの中学生」が200万部売れたとすると、印税10%の場合は2億6000万円が著者のもとに転がり込む計算だ。

   また、08年1月には漫画化され、初版では3万部が出ているという。価格は880円なので、仮に印税を漫画家と原作者で折半した場合、印税10%だとして、原作者には132万円の収入になる計算だ。

   これ以外にも、「ホームレス中学生」は映画化が決定しており、原作者である田村さんにも、ある程度の収入があるとみられる。

   もっとも、田村さんの本業は「お笑い」。テレビ出演や舞台での活躍で主な収入を得る、というのが芸人としては普通のはずだ。

   所属する吉本興業のウェブサイトによると、「麒麟」はレギュラー10本(ラジオ1本、テレビ9本。うち2本は隔週の出演)を抱えている。単純計算すると、1月4週とカウントしてメディアに月36回は露出する計算だ。気になる出演料だが、07年11月に「日刊ゲンダイ」がこの話題を取り上げた時には、「テレビ関係者」の声として、こんな声が紹介されている。

「麒麟のテレビ出演ギャラは2人で20万円、営業が60万円といわれています。しかし、ブームに乗って50万~70万円程度にハネ上がるでしょう」

   この見方が本当だとすると、「麒麟」の2人で折半するとして、「ブレイク前」の現状の出演料で計算した場合、メディア出演だけで田村さんの懐には月に少なくとも180万円、年に2160万の収入が入ることになる。さらに、月に2回「営業」を行うとすると、1人あたり月に60万円、年に720万円の収入だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中