中国検疫当局、袋密封でも「工場内混入なし」主張

印刷

   中国製ギョーザ中毒事件をめぐり、中国国家品質監督検査検疫総局は2008年2月13日記者会見を開き、工場での生産過程で殺虫剤が混入した形跡はなかった、と述べた。密封された袋の内部から殺虫剤「メタモドホス」が検出されたことについては「生産過程で混入したと考えるのは単純すぎる。袋を開封して再び密封することは、普通の人でもできる」などと述べ、「工場内で殺虫剤が混入した」との見方に反論した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中