2019年 10月 15日 (火)

「ネットで頭がバカになる!」 テリー伊藤の主張を「否決」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   テリー伊藤さんが「インターネットは1日1時間に制限すべきだ」とテレビの番組で主張した。ネットを長時間すると、「引き篭もり」になり、「想像力」が無くなって、結局は「バカ」になる、からだそうだ。

「想像力が低下し感性が乏しくなり、離婚も増える」

竹原さんのブログがやり玉にあげられた
竹原さんのブログがやり玉にあげられた

   テリー伊藤さんが出演したのは、日本テレビ系「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中。」で、2008年3月7日に放送された。テリーさんは「インターネットの利用は1日1時間までとします」という「公約」を掲げた。インターネットに頼りすぎると、想像力が低下し感性が乏しくなる、というのが最大の理由で、弊害としては利己主義、引き篭もり、不登校などが挙げられるほか、夫婦の営みが減って離婚が増える、という。自分が興味ある狭い範囲の情報だけに触れるため「早く年をとる」のだとも主張した。

   番組に出演した中学教師の金子毅さんは、テリーさんの意見に同調し、

「ネットがあることで、子供の学ぶ意欲が低下している」

と話した。ネットで検索すればすぐにわかるため、「いちいち学んでもしょうがない」と考える子供が増えているのだという。

   政治コメンテーターの金美齢さんは、

「ネットにのめりこむ社会の共通点は、人間がどんどん小粒になっていること」

と発言。内向的な人間が増えているばかりか、何かあったらパソコンの電源を切り「リセット」する、というネットの性質が人間に悪影響を与える、と断じた。

   テリーさんは、ネットで発生したおかしな例として、ブログを挙げた。ブロガーは、半径5メートル以内の居・食・住のことしか書いていない、というものだ。番組には「ブログの帝王」で元ボクシングチャンピオンの竹原慎二さんも出演していて、ブログを通じて本当の自分を知ってもらえ、メリットは多いと主張。テリーさんに対し、

「だったらブログは読まなければいい」

と言ったことから、テリーさんはキレまくった。竹原さんの書いたブログの文章、

「あ 電話じゃ 電話じゃ ほっとこ じゃあの」

などを読み上げ、

「人間としてダメになるぞ。こんなの見てたら!。自分の居・食・住なんか、人に見せるものではない。人生の何の役にも立たない!!」

と怒鳴りまくった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中