日教組がプリンスホテルに3億円の損害賠償を請求

印刷

   グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が教育研究全国集会の会場使用を契約後に断った問題で、日本教職員組合(日教組)は2008年3月14日、プリンスホテルを相手取り、約3億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
   日教組のほか、全国の77の地区教組、全体集会参加予定者の1889名が原告となった。損害賠償は、全体集会の準備費用、参加予定者の宿泊費、慰謝料など。
   この問題は、東京地裁と東京高裁が会場使用を命じる仮処分決定をしたにもかかわらず、同ホテルが従わなかったため、全体集会の開催が中止になったことが発端。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中