2020年 7月 2日 (木)

選手やスポンサー企業 北京五輪参加自粛の可能性

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

リチャード・ギアがボイコット呼びかける

   また、チベット支援活動で知られる俳優リチャード・ギアさんはラジオやテレビ番組で、中国政府が誤った対応を取る場合は北京五輪をボイコットすべきだと呼びかかけている。最近では世界的歌手ビョークさんも上海で行われたコンサートで「チベット独立」を叫んでおり、今後もボイコット支持への動きが勢いづく可能性がある。

   すでに欧米では、スーダンでのダルフール虐殺をめぐって中国政府の対応への批判が強まっていて、最近も世界的な映画監督・スティーブン・スピルバーグ監督が五輪の芸術顧問を辞退したばかり。

   さらに、2008年3月17日のウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は、北京五輪のスポンサー企業のあいだでも、1500万~100万ドルの投資を受けているチベット・エベレスト山脈を通過する聖火リレーの実現可能性について懸念が広まり始めたと報じており、選手やスポンサー企業が大会への参加を自粛する可能性もある。

   IOCは、ボイコットに反対するとの意見を表明しているものの、動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)では北京五輪に反対する動画が次々にアップされており、89年に起きた天安門事件なみの人権侵害だとする意見が欧米を中心に根強いことがわかる。

   北京駐在産経新聞の福島香織記者は記者ブログの中で、「チベット暴動の悪夢再び!五輪どころじゃねぇ!」と題し、

「これは中国当局の大失態です。こんな体たらくで、本当に五輪を開催するつもりなのでしょうか。デモくらいやらせてあげればいいのです」

と中国政府を批判している。

   80年のモスクワ、84年のロサンゼルスの両五輪と同じようにボイコットにつながる危険性もないわけではない。J-CASTニュースは日本オリンピック委員会(JOC)にコメントを求めたが、チベットでの騒乱の影響などについてコメントすることはないとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中