NHK経営委員長「国際放送で国益主張」求める

印刷

   NHKが2008年3月11日に開いた経営委員会で、古森重隆委員長(富士フイルムホールディングス社長)が、国際放送について「日本の国益を主張する放送をすべき」などと発言をしていたことがわかった。各紙が3月25日伝えた。
   この発言が公共放送の中立性に抵触するとの声があがったことから、古森氏は3月25日の経営委員会後、「国際放送では意見の羅列だけではすまない」などと釈明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中