2019年 10月 24日 (木)

携行缶でガソリン買いだめ 品切れや暫定税率復活に備える

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ガソリン携行缶が売り上げを伸ばすなど、ホームセンターの一部でガソリン「買いだめ」準備ともみられる現象が現れ始めている。安いガソリンの品切れやガソリン税の暫定税率が復活する場合に備えての購入らしい。ただ、携行缶はセルフスタンドでは不可、灯油用ポリタンク使用は違法のため、ガソリンスタンドでも対応策に頭を痛めている。

携行缶が売れるホームセンターも

暫定税率復活なら、禁止のポリタンクを持ち込むドライバーも出るのか?
暫定税率復活なら、禁止のポリタンクを持ち込むドライバーも出るのか?
「通常ならそう動く商品ではないんですが…」

   北海道帯広市のホームセンター「グッドー白樺店」の担当者は、J-CASTニュースの取材に、こう漏らした。売り上げを伸ばしているのが、ガソリン携行缶。車のガス欠防止や農業機械・船舶用に使われる特殊な金属缶だからだ。

「それまで1週間で3~4缶だったのが、10缶以上売れていますね。3月下旬からそうです。お客さまには若い人もいて、ガソリンの買いだめとしか思えないですね」

   同店では、3480円の10リットル缶を、暫定税率が切れた4月1日に完売。売り上げ増を見込んで、今後、売り場面積を2.5倍にするという。

   ガソリン税の暫定税率分の1リットル25円が下がり、値下げしたガソリンスタンドの中には品切れも報道されている。また、福田康夫首相は4月下旬に暫定税率を復活させる方針を示しており、これらに備えて家で備蓄しようとするドライバーがいるのではというわけだ。

   現在は、こうした現象は、一部に留まっている。大手ホームセンター「コーナン」(大阪府堺市)では、「携行缶の売れ行きに、目立った変化はありませんね。あまり安いものではないですし」と話す。いくつかのガソリンスタンドに聞いても、携行缶などを持ち込むケースは確認されなかった。

   とはいえ、「税率が元に戻るなら、そんなドライバーが出てくると思う」(福島県の「会津ゼネラル」)とみる向きは多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中